about me

野崎真弥
武蔵野音楽大学音楽学部音楽教育学科卒業。
卒業後はモダンフルート、リコーダー奏者として活動し多数の演奏会に出演する傍ら、音楽教室や小中高等学校、吹奏楽講習会などの講師をつとめる。NHK指導者用ビデオやドラマ「のだめカンタービレ」等に出演。また、多数のレコーディングに参加。大阪国際音楽コンクール木管楽器部門入選。2011年よりバロックフルート(トラヴェルソ)を学び始め、翌年ブリュッセル王立音楽院古楽科に入学。在学中のオーケストラプロジェクトにてソリストに抜擢され、ルクレールのフルート協奏曲、クヴァンツの2本のフルートのための協奏曲を音楽院のオーケストラと共演。第28回国際古楽コンクール〈山梨〉旋律楽器部門第3位。2016年、同音楽院の修士課程を優秀賞付きで修了。『Festival Midi Minimes』(ベルギー)『ルネサンスとバロックの音楽祭』『AnticaTorino』(イタリア)などの音楽祭に出演。また、バッハ・コレギウム・ジャパンやベルギーの古楽アンサンブル、ラ・プティット・バンド、レザグレマンをはじめとし、ドイツではムジカ アルタ リパのプロジェクトに参加。ブリュッセルの修道院でリコーダー講師をつとめるなど、ヨーロッパ各地で活動。2018年にはAYAME アンサンブル・バロックのメンバーとして北イタリアツアーをおこない好評を得るとともに、北とぴあ国際音楽祭の参加公演に選出され日本での初公演を行う。昨年秋に拠点を日本に移し、現在は日本とヨーロッパで活動中。

これまでにモダンフルートを中嶋伸夫、神田寛明、野口巳生の各氏に師事し、国内アカデミーでは工藤重典、マクサンス・ラリュー、フィリップ・ピエルロのクラスを修了。リコーダーを吉沢実氏に、バロックフルートをバルトルド・クイケン、フランク・トインス、前田りり子、アンネ・プストラウクの各氏に師事。またルネサンスフルートではケイト・クラーク氏のマスタークラスを、スペインでのアーリーミュージックモレリャにてアン・スミス氏のクラスを受講。
→more